ヘアカラーの準備

ヘアカラーはコツを覚えたら、自分でもそこそこきれいに染められそうですよね。

自分の空いている時間に自宅で気軽にできるのは良いことだと思います。

ただし、自宅でヘアカラーをする時は色々と準備が必要です。

美容院だと身一つでいけば、至れり尽くせりですが、自宅では自分が美容師、髪を染めるための準備をしっかり覚えておきましょう。

事前に準備しておくものは、鏡、時計、ティッシュペーパー、ヘアクリップ、コールドクリーム、新聞紙、化粧ケープ、手袋、輪ゴム、タオル、前開きの服などです。

カラーリング剤は手や顔などにつくとなかなか取れませんから、手袋は必ずすること、手袋の縁には輪ゴムを止めておくといいでしょう。

そして、コールドクリームは顔の額部分、耳の後ろ、うなじなど髪の毛の生え際に厚めに塗ります。

コールドクリームを塗っておけば、カラーリング剤がついてもすぐに落とすことができます。

新聞紙は、塗布する場所の床や壁にカラーリング剤が飛び散るのを避けるために使用し、化粧ケープも必ずつけておきましょう。

服は脱ぐ時のことを考えて前開きのものがおすすめですが、首周りが広くなっているTシャツなどをヘアカラー時用として一枚用意しておくのも良いかもしれません。

ティッシュペーパーは垂れてきた時などにすぐに取れる位置に置いておく様にしましょう。

その他、あると便利なグッズとして、ヘアカラー用のコームやブラシ、イヤーカバー、ヘアカラー専用の眼鏡などがあります。

Comments are closed.